スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻行人・十角館の殺人

  • 2012/08/06(月) 11:18:55

51hty9rMq2L__SL500_AA300_.jpg


綾辻行人が小説家になり1作目の作品。
確か1987年ごろに発売されたときは「追悼の島~十角館殺人事件」だった気がする。

この作品から新本格ミステリーブームを巻き起こしていく。

本格ミステリーとは松本清張の影響で、刑事が足を棒にして事件を調べたりする小説。背景で社会を風刺したりしていて謎解きと云うより事件が解決するまでを書いたものです。

そんなある時島田荘司さんの推薦を受けて何人かの作家がうまれました。
その特定した作家達のことを新本格ミステリーと云います。

その中の1人が綾辻行人さんです。
この十角館の殺人は、かのアガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を題材としている(と思う)
このタイプのミステリーは他に水田美意子氏の「殺人ピエロの孤島同窓会」高見広春氏の「バトルロワイアル」なども思い出せれる(ジャンルは少し違うが)

さて本題。この「十角館の殺人」これは本当に凄い。5回は読み直しました。
登場人物は島田潔、江南孝明、守須恭一、ヴァン、エラリイ、ルルウ、ポウ、カー、アガサ、オルツイ
外国人が混ざっているわけではない。それぞれヴァン・ダイン、エラリークイーン、ガストン・ルルウ、エドガーアランポー、ジョンディクスン・カー、バロネス・オルツイ・・・・・・これらの名前の一部ということは云うまでも無い。つまりは”あだ名”と云う訳。

ストーリーは云うと長くなるのでやめて置きましょう。この傑作をいざ読まん。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

> 確か1987年ごろに発売されたときは「追悼の島~十角館殺人事件」だった気がする。

 そんなことはありません。最初から「十角館の殺人」です。「追悼の島」は、乱歩賞に応募した際のタイトルだったはずで、綾辻に「追悼の島」という著書はないです。

> 本格ミステリーとは松本清張の影響で、刑事が足を棒にして事件を調べたりする小説。

 意味不明ですが、そんな定義は聞いたことがありません。どこから出て来たものか、想像もできませんでした。松本清張を語る際に本格という表現は余りされないはずです。

> そんなある時島田荘司さんの推薦を受けて何人かの作家がうまれました。
その特定した作家達のことを新本格ミステリーと云います。

 これも、そんな定義はないと思います。新本格の定義は今でも曖昧ですが、講談社の宇山という編集者がデビューに関わった作家を新本格ということはあっても、島田荘司が推薦してデビューした作家を新本格ということはないと思います。この定義だと有栖川有栖が入らないのはともかく、中西智明あたりも入らなくなってしまいますから。

 大人げないかも知れませんが、余りに気になったので、書いておきました。

  • 投稿者: 通りすがり
  • 2012/08/09(木) 21:09:54
  • [編集]

> 確か1987年ごろに発売されたときは「追悼の島~十角館殺人事件」だった気がする。

 そんなことはありません。最初から「十角館の殺人」です。「追悼の島」は、乱歩賞に応募した際のタイトルだったはずで、綾辻に「追悼の島」という著書はないです。

・・・・・・その通りでした。「追悼の島」をもとに「十角館の殺人」を書かれたんですね。

> 本格ミステリーとは松本清張の影響で、刑事が足を棒にして事件を調べたりする小説。

 意味不明ですが、そんな定義は聞いたことがありません。どこから出て来たものか、想像もできませんでした。松本清張を語る際に本格という表現は余りされないはずです。

> そんなある時島田荘司さんの推薦を受けて何人かの作家がうまれました。
その特定した作家達のことを新本格ミステリーと云います。

 これも、そんな定義はないと思います。新本格の定義は今でも曖昧ですが、講談社の宇山という編集者がデビューに関わった作家を新本格ということはあっても、島田荘司が推薦してデビューした作家を新本格ということはないと思います。この定義だと有栖川有栖が入らないのはともかく、中西智明あたりも入らなくなってしまいますから。

・・・・・・知人から聞いた話でしたが違っていましたか。(調べてみたら新本格とは宇山秀雄が作ったキャッチコピーらしいですね)
本格ミステリーも調べてみたら→事件の手がかりをすべてフェアな形で作品中で示し、それと同じ情報をもとに登場人物(広義の探偵)が真相を導き出す形のもの・・・・・・らしいです。

指摘ありがとうございました。

  • 投稿者: かめぞうさん☆
  • 2012/08/09(木) 22:22:13
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。