スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻病

  • 2012/09/23(日) 14:51:23

最初は病名を聞いてそんなのないだろと思ったけど本当にあるみたいなのです。
僕が調べた結果。

『綾辻病の主な症状』

・綾辻氏の本を買いまくる
・しゃべり方などが綾辻氏そっくりになる

その先もありましたが忙しくて見れませんでした。

少し気になり学校に行ってクラスの中にその病気にかかっている人がいるのか見て来ました。1人1人のしゃべり方や行動などを調べました。しかし調べるといってもクラスの人数は30人ほどいます。なので僕の友達のK君にこの事を話して調べるのに協力してもらいました。

調べはじめてから3日ほど経ったときです。なにやら深刻な顔をしてK君が僕のほうに向かって来ました。
「このクラスの中には綾辻病にかかっている人がいる」
K君はそれだけ言ったあとどこかへ行ってしまいました。

(はて、誰が綾辻病だったんだろう)
家に帰り読書をしながら僕は考えていました。講談社の文庫本の表紙はきれいな緑色(他の色もありますが)です。本棚にはその緑色の表紙をした文庫本がぎっしりと詰まっています。

読書をしている最中に僕は思い出しました。
(前に調べた綾辻病の症状の続きは何だろう)
早速調べてみました。

『綾辻病の主な症状』

・綾辻氏の本を買いまくる
・しゃべり方などが綾辻氏そっくりになる

・・・・・・自分で病気にかかっていることに気がつかない

へぇーと僕は思いました。自分で病気にかかっていることに気がつかないのかぁ。
明日早速K君に教えてあげよう。
そして翌日。朝の読書の時間にK君に話しました。
「ねぇ知ってた?綾辻病の人は自分がかかったことに気がつかないんだって」
僕が言うとK君はなにやら複雑な表情をして
「やっぱり・・・・・・」
と言った。僕はその意味が分からなかったので聞こうとしたそのとき。
「あっ、その本!!」
K君が読んでいたのは緑色の表紙をした本。著者名には「綾辻行人」と書いてあって引き出しの中をみると同じく緑色をした綾辻氏の本がずらり。
「K君!!君はもしかしたら・・・・・・」



かくして綾辻病の人を1人見つけた訳である。しかしあのときK君が言った「このクラスの中には綾辻病にかかっている人がいる」これは誰のことだったのだろうか。本人自身は綾辻病には気づかないはずであるが・・・・・・

‐了






・この文章は綾辻氏に対する名誉毀損などでは一切ありません。
・綾辻病は存在しません


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。